世田谷区立総合福祉センター後利用施設改修工事

世田谷区立総合福祉センター後利用施設改修工事
世田谷区立総合福祉センター後利用施設改修工事

施工地/東京都世田谷区松原6-41-7

竣工年月/2020年2月

敷地面積/2,736.75㎡

延床面積/4,229.63㎡

構造/RC造(一部SRC造)地上3階、地下1階

駐車場/18台

東京都内最大の人口を有する世田谷区は、現在約90万人が暮らす住宅都市であり、都市開発が進む一方、緑化推進や環境保全など潤いあるまちづくりに取り組んでいます。

子どもたちの生活環境が大きく変わる中、児童虐待や育児ネグレクトが深刻な社会問題となっております。世田谷区は「子ども・子育て応援都市」として今を生きる子どもたちの健やかな成長と、子育てを応援する取り組みを続けてまいりました。

2016年児童福祉法改正を受け、子どもの権利尊重や健康生活保全の理念が明確化され、区立による児童相談所開設が可能となりました。永らく区民生活を支えてきた本施設もこの法改正により、待望の児童相談所を新設するとともに施設老朽化へのリフレッシュ改修工事がなされ、子どもたちの未来を守る施設として新たに生まれ変わりました。

世田谷区立総合福祉センター後利用施設改修工事

世田谷区立総合福祉センター後利用施設改修工事

世田谷区立総合福祉センター後利用施設改修工事

世田谷区立総合福祉センター後利用施設改修工事

Head Office
246, Times Square Building, Room No.15-03, Sukhumvit Road, Klongtoey, Klongtoey, Bangkok
Tokyo Head Office
Morioka Head Office

お問い合わせ