定期報告調査

定期報告調査 (1)0001.png

 定期報告調査  

不特定多数の人が利用する建築物は、

構造の老朽化、避難設備の不備、
建築設備の操作・作動不完全等により、
ひとたび火災などが発生した場合大きな
災害につながるおそれがあります。
 
このような危険を避け、安全性や適法性
を確保するために建築基準法では、
建築物及び建築設備について、所有者は
定期的に専門技術者に調査・検査させて、
その結果を報告するよう定めております。
スライダー調査    

 

定期報告調査 (2)0002.png

定期報告調査 (3)0003.png

定期報告調査 (4)0004.png
外壁打診調査 外壁打診調査 風量測定