吉田 航 建築設計部 主査

Q:久慈設計に決めた理由を教えてください。

私は県外へ進学しましたが地元である岩手で働きたいという思いがありましたので、東北を中心に豊富な実績を持つ久慈設計に高専在学中、大学在学中と2度のインターンシップを経験させていただきました。2度のインターンを経て、手がける物件の量や規模を目にし、このようにお客様から仕事を頂けているという実績を持つ会社で自分も働きたいと思いました。

  yosida.png
 
 

Q:久慈設計で働く魅力は、どんなところだと思いますか?

学校や病院などといった大きな物件を設計するというのは、過去の実績がなければなかなかその機会を得ることはできません。このような公共的な建物は地域への影響力も大きく、そこに携われることは設計を仕事にするものとしてとてもやりがいを感じます。

 
 

Q:職場の雰囲気はどうですか?

私は入社5年目ですが、同じ部の上司は親切に教えてくれますし、他部署の先輩もわからないこと、確認したいことを気軽に質問できる雰囲気があります。会社としてたくさんのデータがあるのでその情報を得ることもできます。
 また弊社の所在地である紺屋町は、昔ながらの盛岡らしい町並みがたくさん残っており、歴史的におもしろい町だと思います。盛岡は目立った観光名所が沢山あるというとういうわけではありませんが、実際に生活してみると良さがじわじわと感じることができる楽しい町です!

 
 

Q:最近の出来事で、特に印象に残っている仕事を教えてください

最近ですと、ある医療系施設の案件で、設計から現場監理の一連の流れを経験できたことです。この案件は大規模なため、関わる企業や人が多いので、調整の面で様々難しい部分があるのですが、一連の工程に携わることができたのは非常にやりがいを感じました。

  DSC01121.JPG
 
 
 

Q:休日の過ごし方や、趣味を教えてください。

休日は盛岡の街中へ買い物に出るか、東北圏内を旅行することが多いです。

私は東北という地に非常に愛着を持っています。自分たちが手がけた建築物を地元の人が利用してくれるというのはとてもうれしくあり、やりがいを感じます。もっと東北に恩返しがしたいのです。

 
 

Q:どんな人が久慈設計には向いていると思いますか?

「なぜ」「どのように」と考えられるような、好奇心旺盛な方は久慈設計の仕事を楽しめるのではないかと思います。お付き合いさせていただく業種も多岐に渡るので、視野を広くもち、多様な事に興味を持っていくことが重要です。

 

Q:仕事に取り組む際に心がけていることを教えてください。

全体像をとらえて仕事をするということを心がけています。そして一緒に仕事をする仲間とのコミュニケーションを大切にしています。特に若手には質問しやすい環境を作ってあげることが大切だと思っています。
私が若手のときにお世話になった先輩たちが小さなところまで指導してくれて助かったので、先輩たちにして頂いたことをしっかり引き継ごうと思います。