東京支社 建築設計部 主任主査 渡邊 篤


 

Q: 久慈設計に入社したきっかけを教えてください

watanabe201410.png

 

 

 

元々アルバイトとして久慈設計に入りました。実は、他に内定が決まっていた会社があったのですが、設計事務所で働きたいという夢に近づけると思い、アルバイトでしたが働くことを希望しました。

私の家は、父親が設計士で、祖父も大工という家系でした。高校も建築学科に進学していることから縁がある気がしています。

アルバイト終了時に、打ち上げをしていただいたのですが、その際に社長から、「よろしく!」と握手を求められたのです。一瞬何だか分からなかったのですが、実はそれが入社OKのサインだと後で分かりました。非常にうれしかったですね。

 

 

 

Q: 久慈設計の良いところを教えてください。

 

自由な発言ができる社風だと思います。一般的には出る杭は打たれることが多いかと思いますが、この仕事は自分の考えや意見を持つことが非常に重要だと思っています。

会議の中でも「どう思う?」と聞かれるような場面も多いです。

今の若い人は、あまり意見を言わないと感じていますが、プロジェクトを仕切る立場として勉強になるので、是非積極的に発言して欲しいと思います

 

 

 

 

Q: 普段はどのような仕事をしていますか? 

DSCF5122.JPG

 



今は都内の案件に携わっています。基本設計から関われているので楽しいですね。
ちょうど今、実施設計に差し掛かったところです。全くのゼロからものを創り出すことができるのは、この仕事の醍醐味ですね。今からこのような経験ができて、自分は恵まれていると思います。

 

Q: 渡邊さんの目標は? 


 

   まずは一級建築士になることです。
中長期的な目標としては、今やらせてもらっている官公庁案件の経験を重ねていき、いずれは個人様相手の仕事にもチャレンジしてみたいですね。

 

 

Q: 仕事にやりがいを感じるのはどんな時ですか? 

DSCF5130.JPG

   やはり使用して頂けるお客様に喜んで頂くことです。「これ、いいですね。」と言って頂けた時には、テンションがあがります。

また、久慈設計はたくさんのチャンスを与えてくれます。経験したことがない業務であっても「とりあえず描いてごらん。」と機会をくれます。実際にやってみた後は、「何でそうしたの?」と自分の考えを聞き、アドバイスをくれます。しっかりと面倒を見てくれる会社だと感じています。自分の意見を尊重してくれるので、常日頃からやりがいを感じることができます。

 

Q:学生へのメッセージをお願いします。

     何より、やる気が大切です!極端に言えば、やる気さえあれば問題ないです。

気持ちがしっかりしていれば困難なことがあってもカバーできますし、自分自身がそのようにやってきました。

あとは、色々なことを仕事につなげられる思考ですね。この仕事は衣・食・住全てに関わるものなので、旅行中や、食事中のことであっても、つなげられるようにできればよいと思います。

インタビュー後記

 アルバイトから正社員になった渡邊さん。他の会社で内定をもらっていても、それを断ってまで久慈設計に来たのは、かねてより希望していた設計業界に携われるチャンスを掴みたかったという想いでしょう。

やりたい事が目の前に来たら、とにかくやってみるという貪欲な姿勢は、学生・社会人問わず見習うべきところでしょう。

-------------------------------------------

取材日:2012年11月2日
インタビュアー:船井総研 村田 安室