梅澤 裕介 東京支社 支社長代理

Q: 転職で久慈設計に入社する決め手となったところはどんなところですか?

うめさわ0003.png  

つくるものが多方面な点に惹かれました。

住宅、学校、文化施設など携わるものが多岐に渡ります。

 

久慈設計で働くと、自分のスキルアップにつながると思いましたし、
経験値が高まると思いました。

 

Q: 一級建築士の資格を取られたのはいつ頃ですか?

資格を取ったのは27歳の頃です。

私はあまり資格には興味がなかったのですが、前職の上司に勧められ資格の勉強を始めました。

資格をもっていないと建物の大きさや規模などの制限を受け、仕事に関わることが出来ないことがあります。

また、社会的な認識も自分の意識も変わってきますので資格を取ることは意味のあることだった思っております。

 

P1010749.jpg

 

 

Q: 現在はどのような仕事をされていますか?

P1010776.jpg

 

 

現在は小学校の改修工事の担当をさせて頂いております。

建物の骨組み(躯体)以外を全て壊し、内装をやり直すという計画を行います。いくつもの仕事を平行して行いますので、現在は5つ案件に関わっております。

もちろん一人で全てを担当しているわけで ありませんが、ほぼ一人で完結することもあれば、数人でチームを作ってサポートし合いながら作業を進めるときもあります。

仕事は辛いこともたくさんありますが、自分が携わった建築物が建ったときの達成感は一度味わうとやめられないですね。

 

Q: 最も印象に残っている仕事は何ですか?

どの仕事も忘れられないものばかりですね。

私達の仕事は形として残るものなので建物が建つたびに毎回同じように感動して達成感を味わえます。

あえて挙げるなら岩手県の八幡平市にある道の駅の建築に携わったことですね。
この案件は私が担当となり初めて計画段階から完工まで全てを担当者として携わらせて頂きました。
全体で10ヶ月を要した仕事だったのですが、もちろん私一人の力だけではなく会社の先輩方や地域の方々など多くの人の協力を頂いて完工に至ることができました。

たくさんの人が検討し、話し合い、協力し合いながら完成へと進むという過程を肌で経験すことが出来、感動したのを今でも最近のように覚えています。

 

 

 

 

Q: 久慈設計の魅力を教えてください。

魅力は新しいことを柔軟に取り入れる姿勢ですね。

新しい技術などを社員が持ち寄って「これを取り入れたらもっと仕事の質や効率があがるのでは」という話をします。
もちろん最終的には上司が判断するわけですがそういう提案をしやすい社風があります。

こういう社風も社長の向上心が影響しているのだと思います。
新しいもの、良いものをどんどん取り入れようという社長ですから自然と社員もそれに引っ張られます。

 

P1010756.jpg

 

 ですが、新しいことだけではなく、久慈設計には81年の歴史がありますので過去のデータが豊富にあります。
いい教科書が社内にたくさんあるわけです。それを活かして過去と未来どちらからも学ぼうという姿勢が久慈設計の強みであり魅力だと私は思います。

 

学生へのメッセージをお願いします。

久慈設計に向いているのは

自分は大器晩成だ
と思っている人ではないでしょうか。

建物が建つまでに何ヶ月、何年もかかりますし、建築士として一人前になるのにも時間がかかります。すぐに結果が出る仕事ではないので、日々の地道なところにおもしろさを見出せる人が向いていると思います。それがその人の力にもなりますしね。

 

インタビュー後記

衣食住という暮らしに欠かせないものに携わる仕事がしたいと思い、機械的なことが好きで衣食住の中の『住』を選び建築士になると志した、と熱く語って頂いた。

「でも本当のきっかけは“かっこいいな”という憧れから入ったんですけどね。(笑)」とはにかんでくれた梅澤裕介さん。

実際に働くと、華やかな部分は表面的であり、地道な作業の積み重ねだと実感したが、自分が設計した建物が建ったときの達成感は建築士にしかわからない達成感があるという。

「一度味わったらやめられない」という感覚を味わえる仕事に出会えたことを幸せに思い、目の前の仕事に全力で取り組む姿は学生の模範となる人だと感じられた。

 

-------------------------------------------

取材日:2012年6月1日
 インタビュアー:船井総研 村田、星山