武田 脩平 企画設計部 技師

Q:久慈設計に決めた理由を教えてください。

久慈設計に入社する前、同社で2週間のインターシップを経験していました。入社前にこういった体験ができたのは私にとっては働くイメージが具体的になり良かったと思います。
また、久慈設計は地元でこの業界に携わっている人ならほとんどが知っている会社の一つだと思います。そういった企業だからこそできる仕事がありますし、同時に自分を磨くための良い機会だと感じ、好感を持ったのと、社長が気さくに話しかけてくれるような雰囲気も魅力的に感じ、入社を希望しました。

  武田様.png
 
 

Q:現在の仕事内容は?

入社以来、企画設計部のメンバーとして、官公庁を中心としたプロポーザル(コンペ)などに応募する書類の作成などを主に行っています。企画設計部はその名のとおり企画書を作る部署なので、ゼロから提案を作っていく業務なので、建築設計部とは少し異なった業務内容ですね。企画を練り上げていくことは非常にやりがいがあり、楽しいものですが、時に短い期間で企画資料を作らなければいけない場面もあるので、体力は必須です。   DSC01137.JPG
 
 

Q:印象に残っている仕事のエピソードを教えてください。

私はまだ3年目(取材当時)なので、先輩方のサポートとして入ることがほとんどですが、やはり何度も何度もやり直し、作りあげた資料は、非常に充実感と達成感がありましたよ。
また、最近では私に任せてもらえる業務も少しずつ増えてきました。3年前はできなかった事が、今になって取り組むことが出来るのを感じた瞬間、力がついてきているな、と嬉しくもなります。
 
 

Q:今後の目標や、取り組んでみたい業務などを是非聞かせてください。

自分の中での引き出しの量を増やして行きたいですね。この仕事は日々変化があり、単調な仕事がずっと続くということはありません。今よりももっと全体を見られるようになり、バランスよく仕事が出来る人間になりたいです。
勿論、資格もとりたいと思っています。仕事をしながら資格を取っている先輩方が身近にたくさんいるので、そういった環境はとても励みになります。出来れば、30歳までには一級建築士の資格を取りたいですね!

  DSC01140.JPG
 
 

Q:学生へのメッセージをお願い致します。

久慈設計では、建築設計のすべてができるのでとてもやりがいを感じます。また、案件も官公庁関係が多く、業界の中では稀有な会社だと思います。大いに自分を磨くことが出来ますよ。
ちなみに、企画設計部には柔軟性と根気がある人がいいと思いますね。企画工程では状況に応じた適切な判断や、急な方針変更などがあるので、常にその状況下で最適なパフォーマンスができる対応力、忍耐力が必要だと感じます。