設備設計部 小本 睦

Q: 現在の仕事内容を教えてください。

現在は設備設計の仕事をしています。
 

設備設計には電気設備と機械設備があって、私は機械設備を担当しています。


具体的には冷暖房・換気など空調設備やトイレ水廻りといった衛生設備の設計をしています。

  おもと0005.png

 

Q: 久慈設計の特徴を教えてください。

 

 

  久慈設計は各分野のスペシャリストがいますので、どんなご相談にも対応できます。

 

私達の仕事は常に納期との戦いなので納期が近づくと夜遅くまで仕事をすることも増え、ピリピリした雰囲気になります。でもその独特な雰囲気が私は好きですね。

 

Q: 今後してみたい仕事はありますか?

型にはまったようなものというより、自ら創り出す仕事をしてみたいですね。

そのために出張で東京や仙台に行ったときは街に出ていろんな建物を見てきます。

それが自分の発想力にも繋がるというのもありますけど、それは後付けであって、本心は単純にいろんな建物を見ることが好きなんですよね。(笑)

   

 

 Q: どのように実績を積んでこられましたか? 

新人の頃は、打ち合わせに同席しても何の話をしているのか全く分かりませんでした。

飛び交う単語の意味もわからず、まるで外国語を聞いているような感じでした。(笑)

現場に出てみて施工者さんと話をしたり、実際に材料を見たりと日々の積み重ねで仕事を覚えていきました。やはり仕事は現場で覚えるものですね。

私の上司は、わからないことは何でもすぐに聞かず、可能な限り自分で調べるといった指導方針でしたので、現場に出てわからないことは会社に帰ってひたすら自分で調べていました。

  P1010425.jpg

 

Q: 空気調和・衛生工学会設備士等の資格をお持ちですがどう取得されましたか?

P1010456.jpg

 

  仕事と資格勉強の両立は正直きついですね。
しかし、一度やると決めたこと。自分のスキルアップのためと信じて必死に勉強しました。

私達の仕事は資格がないと設計は勿論、現場監理もできません。

大規模建築の設計や監理といった仕事にチャレンジしたいという目標があるので今でも資格取得のために日々努力しています。

強い意志があれば資格の勉強は続けられると思います。久慈設計で働くメンバーは、同じような志を持っていますので、環境にも支えてもらっていますね。

 

仕事のやりがいは何ですか?

自分が設計した建物がうまく機能しているときですね。

使う人のことを考えて作業しているときは熱中しますしワクワクもします。その建物が完成して狙い通りに機能しているときはとても嬉しいですね。

   

 

学生へのメッセージをお願いします。

P1010440.jpg

 

久慈設計は建築だけでなく、このような設備の部分にも力をいれています。

 

この業界は人が少ないのでチャンスがたくさんあります。

 

興味のある人はどんどん飛び込んできてください。しっかり育成します!

 

 

インタビュー後記

設備設計の仕事は職人気質な部分があると感じていたが、現在小本さんは後輩(入社4年目)を育成しながら業務をこなしている。

若い人が少ない業界なので多くのことを教えて早く一人前になってほしいと話されていた。


人に教えることで自分の成長にも繋がっていると話す小本さんのもとから、設備設計のエースが生まれるかもしれない。

   

-------------------------------------

取材日:2012年6月1日
インタビュアー:船井総研 星山