構造設計部 主査 岡田 太郎


 

Q: 久慈設計に入社することを決めたポイントを教えてください。

okada201412.png

 

 

大学時代は群馬県の大学の建築学科に通っていました。群馬で就職を探していたのですが、なかなか決まりませんでした。休みになって岩手に戻った時、合同説明会が開催されていて、参加をしたら偶然久慈設計が出典していて、そこで話を聞いたのがきっかけでした。

他の会社では構造に携われる会社があまりないのですが、久慈設計では構造にも携われるという点が決め手となりました。

 

Q: 構造設計部の仕事は何をしているのですか?

 

新築の場合、地震が起きた時に、建物が壊れないような構造を計算しています。最近では既存の建物の耐震診断の調査をして安全かどうかを確認したりもしています。

 

 

 

 

Q: 社長はどんな方ですか? 

岡田さん② (1).JPG

 

そんなに頻繁にコミュニケーションは取れませんが、本社にいて会えば挨拶したり、気さくに話しかけたりしてくださいます。『社長』という肩書きだけで固いイメージを持つかもしれませんが、うちの社長は若い人とも軽く話をしますし、一緒に飲みに行きますし、とにかく明るい方です。

 

Q: これからの目標を教えてください。


 

 

 まずは一級建築士の資格を取得したいと思います。構造の場合は更にその上の「構造設計一級建築士」という資格がありまして、それを取得することを目指しています。

業務の面で考えると、地元の大きい建物の構造計算をして携わっていきたいです。多くの人に使っていただける建物ですと達成感もより大きくなると考えています。

 

Q: 仕事のやりがいを教えてください 

岡田さん② (2).JPG

 

 建物ができていく工程を最初から最後まで見ていて、自分が計算した通りに実現していくのを見られるのはとても面白いと感じるのと同時に、『これだけ大変なことなのだ』と改めて思います。

躯体ができた時が構造にとってはメインの部分ですので、それが完成した時には本当に嬉しいです。

 

Q:辛い時はありますか?

   

 精神的にはあまりありませんが、体力的には現地調査等が辛いですね。

耐震診断は現場に訪問して状態をチェックします。例えば体育館ですと上のほうまで登る事もあるので体力的にきついと思います。耐震診断は県外もあるので出張も多いです。

 

Q:どんな方が久慈設計に向いていると思いますか?

   

構造設計部の視点で考えると、計算が主な仕事となるため、計算が好きな方が向いているのかと思います。

会社全体の視点で考えると、やる気がある方であれば問題ないと思います。学生の時は勉強も大切だとは思いますが、勉強ができなくてもやる気さえあれば、周りの方々がしっかりフォローをしてくれます。ですので久慈設計で働きたいと思った方はどんどんきていただければ良いと思います。


-------------------------------------------

取材日:2012年12月7日
インタビュアー:船井総研 村田 安室