及川 昴 設備設計部 技師

Q:久慈設計に決めた理由を教えてください。

学生時代に、電気設備関連の授業を通して、この仕事を知りました。電気設計とは図面に電気記号を使って電気回路を描くことです。私はその授業を通して、この分野にとても魅力を感じていました。
そんな時、久慈設計でインターンシップがあること、さらには、久慈設計では電気設備についても専門に扱う部署があることを知りました。久慈設計は岩手県内で知名度は高く、この会社でしか携わることができない案件があるというのは聞いていましたので、インターンに参加し、そして入社を決めました。

  及川様.png
 
 

Q:仕事をする上で気をつけていることを教えてください。

私は入社3年目ですので、久慈設計の中ではまだまだ若手社員です。ですが、若手だからと臆せず、プロ意識を持って自分の意見はメンバーに伝えるよう、努めています。電気設備の業務は、様々な部署の人と一緒に仕事をすることが多々あります。その中で、電気設備部門としての意見を述べる必要があるケースもあります。若手だから、自信がないから、というレベルではなく、一人の専門家として発言をするのは責任もありますが、やりがいも感じます。
また、お客様から見ると先輩も後輩も関係なく、1人の久慈設計の社員として見られますので、立ち振る舞いや発言は意識しています。

 
 

Q:これまで、とてもやりがいを感じたことを教えてください。

新築設計ですね。新築設計は、その名の通り自分達が設計したものが形に表れる分野になります。ゼロから作り上げた建築物を見て、お客様の喜ぶ笑顔を見たときは「また頑張ろう!」という気持ちになります。この仕事の良さは、実際にお客様が喜んでいる姿を目の前で見ることです。
また、最近は上司からも業務を一任してもらえるようになりました。それに合わせて上司からの期待と自分自身にかかる責任も感じるので、その期待に応えるために日々勉強中です。久慈設計は、自分が成長するための環境がたくさんあります。
  DSC01132.JPG
 
 

Q:久慈設計の良い所を教えてください。

アットホームな社風と、個性豊かな社員がたくさんいるところですね。久慈設計の社員は仕事だけではなく、人間関係も大切にしていると感じます。仕事はみなさん厳しく、ストイックにしていますが、飲み会などでは年齢の垣根なく本当に皆さん仲がいいですね。
また、仕事を始めた当初は慣れないことばかりで苦しかった時期もありましたが、そんな時も先輩方が優しくフォローして頂いて安心して取り組むことができました。今もあまり経験をしたことがない業務に携わっているのですが、わからない部分に関しては先輩方にフォローして頂いて助かっています。
 
 

Q:今後の目標を教えてください。

久慈設計の設備設計を担っていく存在になりたいと考えています。そのためには施工管理技士、建築設備士などの資格を取得していく必要性を感じています。日々の業務と平行して資格の勉強をこなしていくのは体力的にも精神的にも大変です。しかし資格を取得することで業務の幅がかなり広がるので頑張って成果を出したいですね。
いつかは「この建築物の電気は俺が設計したんだよ」と自分の子供たちに自慢するのが私の夢です。久慈設計はその夢が実現可能なフィールドが整っていると思います。
  DSC01134.JPG
 
 

Q:学生へのメッセージをお願い致します。

常に学ぶ姿勢を持っていること、そして、自分の意見をしっかりと主張することができる人が向いているのと思います。この業界に身を置いていると、様々な方とコミュニケーションをとる機会が非常に多いので、相手に自分の考えを伝えることは必須です。
あとは、やはり一つ一つの仕事に全力で取り組むことだと思いますね。仕事が思い通りにいかず上司に叱られてしまうこともあるでしょう。ただ、そこで落ち込んだり腹を立てたりするのではなく、次に活かし、同じ失敗を2度繰り返さないようにすることで上司も認めてくれると思います。