須田 恵美


 

Q: 久慈設計に入社された経緯を教えてください?

suda1.jpg

 

3年制の夜間の建築専門学校在学時に、アルバイトとして久慈設計に入社しました。

働き始めてしばらく経った頃、社長から社員にならないかと声をかけて頂きました。

その当時は夕方から毎日授業があったので、はじめは、学生の自分が社員として働くことで設計部の皆さんの迷惑になるではないかと思いお断りしましたが、この先のキャリアを考えても今社員になった方がいいと社長が熱く誘って下さったので、在学中であった2年生の夏に社員にして頂きました。

2016年の3月に学校を卒業し、この夏からは入社3年目になります。

 

Q:久慈設計の好きなところはどこですか

いつも一緒に仕事をしている久慈設計の皆さんが好きです。

入社当時は建築を学び始めたばかりで何も分からず自分に出来る仕事があるのか不安でしたが、参加させてもらった物件で上司が、間違ってもいいからとどんどん図面を書かせてくれたり、様々な業務を経験させて下さいました。

わからないところはその都度丁寧に教えてくれましたし、勉強会を開いてもらったこともあります。

私は建築のほとんどを学校ではなく、ここで教えてもらったので、設計部の皆さんには本当に感謝しています。

 

 

 

Q: 仕事のやりがいを感じるときはどんな時ですか?

suda2keisai.JPG

 

昨年は新築の幼稚園の物件で、設計始めから設計終わりまで、打合せを含め一連の業務に参加させて頂きました。

初めてやらせてもらうことがたくさんあり、新しいことが少しずつできるようになっていく毎日にとてもやりがいを感じていました。

この物件が竣工することを楽しみにしています。

 

Q: 今後のキャリアを教えてください?


 

 

建築をもっともっと知りたいと思っています。

東京支社には、建築に対する知識や経験が豊富で、目標にしたいと思える上司がたくさんいるので、そのためにもまずは二級建築士の資格をとりたいです。

 

-------------------------------------------

取材日:2016年6月16日
インタビュアー:船井総研 伊藤