伊藤 沙也香


 

Q: 久慈設計に入社された経緯を教えてください?

ito1.png

 

高校を卒業し大学入学を控えた2011年3月11日東日本大震災がありました。

ボランティア活動を通し実際に被災地に行き現地の人たちの話を聞いて、被災地の新たな街づくりに少しでも力になれたらと思いました。

そのことをきっかけに岩手県に本社があり、東北地方の街づくりに貢献している久慈設計に入社したいと考えました。

インターシップに参加した後、面接を経て東京支社にて採用となりました。

 

Q:久慈設計の雰囲気を教えてください

東京支社は若い方が多いので活発な雰囲気です。

気さくで話しやすい方が多いので、わからないことや確認したいことを気軽に質問できます。

 

 

 

Q: どのような仕事をしていますか?

ito9keisai.JPG

 

1年目は、主にパースの作成を通してBIMのソフトや3Dモデリングソフトの勉強をしていました。

BIMのソフトは入社してから初めて触れたので分からないことがたくさんありましたが、周りの諸先輩方に指導して頂きながら学びました。

2年目の今は、図面の作成を主に行っています。

傍らでBIMと連携する建築ビジュアライゼーションソフトについて調べ、機能や操作性を比較検討しています。

 

Q: これからの目標を教えてください?


 

 

これからの目標としましては二級建築士の取得、その後に一級建築士を取得したいと考えています。

今は資格を取るために勉強中です。

BIMに関しても、更に知識を深めたいです。

何事も初心を忘れず頑張りたいと思います。

 

Q: インターンシップに参加してどうでしたか?


ito7keisai.JPG

 

会社でどのような人が実際に働いているかを知ることが出来るのは大きいと思います。

私は仙台支社でインターシップに参加しました。

インターシップ中、仙台支社の皆様にはとても良くして頂きましたし、この人達と一緒に働いてみたいと思ったのも入社の決め手のひとつです。

迷っているのならば、是非インターシップへ参加することをおすすめします。



 

-------------------------------------------

取材日:2016年6月16日
インタビュアー:船井総研 伊藤