青野 智史


 

Q: 久慈設計に入社された経緯を教えてください?

aono1.jpg

 

先輩社員であるBIM推進室の梅澤さんが研究室の先輩であり、久慈設計で働いていたことがきっかけです。

入社の決め手としては、インターンシップに参加した際に、社員の皆さんが気さくに接して頂いたことと、研究室でBIMについて研究をしており、今後BIMの推進を行っていきたいと考えているという先輩や社長のお話しを聞き、久慈設計なら研究室で学んだことを活かせるのではないかと思ったからです。

 

Q:久慈設計に入社して良かったことを教えてください

まずはやってみようという形で、様々な事項にチャレンジする機会を与えてもらえることで、自分自身が成長できる環境がある点は良いことだと思います。

そして、公共施設の案件が多いため、様々な人が利用するものに携われることができます。

そういう意味で責任は大きいですが、とてもやりがいを感じます。

 

 

 

Q: どのような仕事をしていますか?

aono5 keisai.JPG

 

現在は、先輩社員と共に、区立の保育園の設計に携わっており、基本設計の段階です。

今までも主担当の補助として集会所の新築や小学校校舎の増築、都立高校の改修などの案件に携わりました。

他にはBIM推進として、3次元モデルを作成し、ボリュームスタディや景観検討、パース作成等を行っております。

また、他社と協力し、BIMの仮想設計コンペに参加する機会があり、BIMスキルの向上や設計手法の研究に役立てています。

 

Q: 仕事のやりがいを感じるときはいつですか?


 

 

実際に建築が出来上がるということにやりがいを感じます。

今まで何度か設計に携わったものを竣工してから、見に行ったことがあります。

図面で携わったものを直接目で見て、図面やパースのように出来上がっているのだと実感しました。

それと同時に責任感を感じました。

 

Q: 今後のキャリアについてどう考えていますか?


 

 

まずは一級建築士を取得することです。

二次試験の設計製図試験を残しているので、今年こそ合格したいと思っています。

そして、いち早く主担当として様々な案件に取り組み、BIMを用いた設計手法を実践していけるような人材になりたいです。

 

Q: 就職を考えている方へのメッセージをお願いいたします?


aono8keisai.JPG

 

久慈設計は若い人も多く、いろいろと吸収できる場だと思います。

また、皆さん人が良く、雰囲気の良い職場環境だと思います。

久慈設計で働いていると図面作成だけでなく、積算や内訳書作成まで一通りのことを経験します。

建築全般の作業を一貫して行うこの職場に是非チャレンジし、一緒の多くのことを学びませんか。



 

-------------------------------------------

取材日:2016年6月16日
インタビュアー:船井総研 伊藤